週刊 ポスト 記事。 新聞紙面に並んだ「韓国なんて要らない」広告 週刊ポスト批判する各社の「掲載責任」は?: J

週刊ポストの「嫌韓ヘイト」はどこが問題なのか 「国民感情」を煽っているのはだれか

記事 週刊 ポスト 記事 週刊 ポスト

お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります」とするコメントを発表した。

8

小川彩佳アナ夫・不倫相手の告白1 「素敵な夜だった」|NEWSポストセブン

記事 週刊 ポスト 記事 週刊 ポスト

その広告は「韓国なんて要らない!」の見出しがドーンという感じで大書されたもので、相当目立っていた。 ただ「真の『日韓善隣外交』を考える」など多少配慮された表現も目についた。

9

週刊ポストの袋とじ画像を無料で見る方法!最新号の記事の試し読みも

記事 週刊 ポスト 記事 週刊 ポスト

なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。 韓国の行きつけの食堂のおかみさんがテレビのニュースを見て「韓国と日本の政府がもめているときこそ、民間人同士が仲良くするように諭すのがテレビの役目じゃないか。

批判にさらされた『週刊ポスト』嫌韓特集は結局、週刊誌界でどう総括されたのか(篠田博之)

記事 週刊 ポスト 記事 週刊 ポスト

》 《葉真中顕 ポスト見本誌見て唖然とした。

17

週刊ポストが「韓国なんて要らない」特集を謝罪。「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」

記事 週刊 ポスト 記事 週刊 ポスト

card-book-category:last-child. これからすると完全に食品衛生法違反である。 特集全体として、韓国の反日運動に対して「売り言葉に買い言葉」とばかり憎悪をぶつけた企画なのだが、「PART2」の韓国人の国民性についてのヘイトまがいの記述は、いくら何でも……と反発した人が多かったようだ。 豊田氏は事実関係を認めて謝罪し、医療ベンチャー・メドレー社の代表取締役を辞任。

12

週刊ポストの不公平な記事

記事 週刊 ポスト 記事 週刊 ポスト

そうした作家らの批判の声がどんどん拡散したのは、前述したようにそのころ日本を覆っていたナショナリズムの空気や、それに便乗した嫌韓特集に疑問を感じた人が拡大していたためだろう。 ほかの執筆陣の皆様には了解を得ています。

『週刊ポスト』の下劣ヘイト記事「韓国人という病理」に作家たちが怒りの抗議! ヘイト企画は「小学館幹部取締役の方針」の内部情報|LITERA/リテラ

記事 週刊 ポスト 記事 週刊 ポスト

カビ毒のためどこにでも発生して増殖する怖れがあり、調理加熱しても毒性は消えない」 アフラトキシンは、遺伝毒性が関与する強い発がん物質であるとされ、摂取量を可能な限り低減すべきとされている。 週刊ポストでは、注目の女優やアイドルをはじめ話題の美女などの 最新グラビアが見れるためそれをお目当てに購入する方もいるほど。 だとすれば、さもしい姿勢と言わねばならない」 と断じた。

3

週刊ポストの袋とじ画像を無料で見る方法!最新号の記事の試し読みも

記事 週刊 ポスト 記事 週刊 ポスト

幻冬舎に続いて二つ目。 あっという間に拡散した。

1

その軽さと分かりやすさを憂う~『週刊ポスト』の”嫌韓”記事をめぐって(江川紹子)

記事 週刊 ポスト 記事 週刊 ポスト

問われているのはメディア自身だと言える。 表紙にでかでかと打ち出されたタイトルは、こうだ。 東京新聞も4日付社説で「韓国特集で謝罪 批判にも節度が必要だ」と書いたほか、見開きの特報面で大きく取り上げた。

3