大政 奉還。 5分で分かる大政奉還!徳川慶喜が起こした背景から結末までわかりやすく解説

日本史の流れの概要(幕末:ペリー来航~大政奉還)

奉還 大政 奉還 大政

御所ってどんなところ? 御所は明治時代より以前の天皇の住まいです。

【大政奉還とは】簡単にわかりやすく解説!!徳川慶喜が行った理由・その後など

奉還 大政 奉還 大政

もともと、 大政奉還を慶喜に提案していたのは土佐藩でした。 実際、慶喜は大政奉還の際、形式的には政権を返上しても実質的には徳川家が政治を主導する立場にあり続けられると考えていたようです。 徳川慶喜が6人と面会している場面を書いても、ちょっとこじんまりした感じになってしまいます。

4

大政奉還の本当の場所は教科書が教えてくれなかった!と言う話

奉還 大政 奉還 大政

第三の国に認めた最も良い待遇を相手の国にも認めることです。 幕府制度も征夷大将軍も廃止されたため、徳川慶喜は実質 最後の征夷大将軍となり、また生存中に将軍を退いたのは 11代将軍・徳川家斉(とくがわいえなり)以来のことでした。 慶喜の頭には、懇意にしていたフランス公使「ロッシュ」から教えられていた構想、すなわち 「幕府も藩も解体し、中央集権的な官僚制と、統一的な軍隊を創設する」 という国家改造案がありました。

14

【大政奉還と徳川慶喜】彼の狙いと誤算、王政復古の大号令まで

奉還 大政 奉還 大政

ですから、徳川幕府が政治実行権を天皇に返上すれば日本の支配権も徳川幕府から喪失するという事になるのです。 そして、それは慶喜の想像にとどまらず、実際に大政奉還後も引き続き内政・外交共に江戸幕府に委任されることとなりました。

13

5分で分かる大政奉還!徳川慶喜が起こした背景から結末までわかりやすく解説

奉還 大政 奉還 大政

ですが、この大政奉還という考えを思いついたのは別の人物で、坂本龍馬でした。 この前夜、と長州藩の広沢真臣が岩倉邸に赴き、薩摩藩主父子宛の討幕の密勅と長州藩主毛利敬親父子宛の朝敵赦免、官位復旧の詔勅が渡される。 武力による倒幕を避け、徳川家の力を維持するには大政奉還して幕府をなくして「討幕する相手の幕府はもう存在しない」としたほうが攻撃をかわせると慶喜も考えたのでしょう。

大政奉還とは何かわかりやすく簡単解説!徳川慶喜のギブアップ宣言?

奉還 大政 奉還 大政

この二つが手を組んで倒幕のために兵を挙げたら、力を失った幕府に待っているのは敗北です。

14