一心 不 乱 に 努力 せよ。 一進会

「精進(しょうじん)」の意味とは?使い方や「邁進」との違いを解説

に 努力 不 せよ 一心 乱 に 努力 不 せよ 一心 乱

そうなると 『一意専心』(いちいせんしん) わき目もふらず心を一つのことだけに注ぐこと の対義語でもある 『狐疑逡巡』(こぎしゅんじゅん) 疑いためらってぐずぐずすること 『右顧左眄』(うこさべん) あたりの様子や周囲の思惑を気にして、決断できず迷うこと といった意味の言葉が浮かんできますが 『一心不乱』の対義語、反対の意味としても近そうです。 趣味は人間の心を豊かにしてくれます。 ということでこの両者も全く同じ意味合いを持った言葉といえます。

一心不怠に努力せよ/格言・座右の銘

に 努力 不 せよ 一心 乱 に 努力 不 せよ 一心 乱

阿弥陀佛已得福慧双圆,因为佛具足慈悲喜舍、不自私,所以自己获得了福慧,也想令一切众生都获得福慧。 「一意専心」の対義語は「狐疑逡巡」「右顧左眄」 「一意専心」の対義語にあたる四字熟語は、優柔不断な様子や、ものごとにためらっている様子を表す言葉と考えられます。 他のことに心を乱されずに1つのことに心を集中させて打ち込むこと 「一心不乱」とは、自分が今、行っていることに対して他からのいかなる妨害も気にならず、脇目もふらず達成に向かって作業に没頭しているさま、ということになります。

8

一進会

に 努力 不 せよ 一心 乱 に 努力 不 せよ 一心 乱

類語には「一心不乱」「一生懸命」「遮二無二」などがありますが、状況によって言い換えをすれば、よりスムーズで理解しやすい文脈になることもあるでしょう。

4

「一心」の意味と使い方・例文・名前・類語|一心同体/一心不乱

に 努力 不 せよ 一心 乱 に 努力 不 せよ 一心 乱

卧时宜心中默念,不宜出声。 散乱心念佛也成为成佛的种子,能一心专念就能突破生死的重重围困往生极乐世界,念佛法门易行道,简单,是无上的法门,也是密宗的一个法门,念佛宗的都不肯承认。 也就是没有一切杂念,不闻世事,不管俗务,时不知时,日不知日,便臻妙境。

3

隆莲法师:阿弥陀经讲记 十五--学佛网

に 努力 不 せよ 一心 乱 に 努力 不 せよ 一心 乱

自分の状態を表すときに使う 「一心不乱」は自分自身の状態を表すときにも使えます。 后来忽然灵通了,可以过目成诵,在一小时内可做完同学五天的功课,所以生了骄傲贡高的心。

一進会

に 努力 不 せよ 一心 乱 に 努力 不 せよ 一心 乱

「一意専心」を使った英語例文 「一意専心」を使った英語例文を挙げてみます。

18